イールドスプレッド

イールドスプレッド
株や債券の金利差を比較して割安か割高かを判断する指標のこと。英語ではYield(利回り) Spread(差)と表記します。

株か債券かどちらが儲かるのか、短期か長期かどちらの債券が有利か。投資をする際に、信用度の高い長期国債と対象金融商品の利回りを比較して、割安か割高かを判断する際などに用います。

たとえば、株と債券を比較する際は、10年物国債の利回りから東証一部全銘柄(あるいは個別銘柄)の予想利回りを引いた値で判断します。予想利回りは、1株あたりの当期利益÷株価で算出します。この差が大きい時は、株が割高で債券が割安、差が小さい時は、株が割安で債券が割高などと判断します。また債券同士の場合は、10年物国債の利回りを基準に満期時の利回りと比べます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading