イールドレシオ

イールドレシオ
国債など長期金利と比べて、株や債券が割高か割安かを比較するための指標のこと。英語ではYield Ratioと言います。

イールドスプレッドと同様に使われる指標ですが、算出方法が異なります。イールドスプレッドが長期金利から株の予想利回りを引いた差であるのに対して、イールドレシオは長期金利を株の予想利回りで割って算出します。数値が大きくなると株の割高感が、小さくなると割安感が、それぞれ高まります。

株と債券は逆相関になっています。景気が上昇へ向かう場合は、株が買われ債券が売られます。反対に不景気が予想される時は、株が売られ債券が買われます。もし株の予想利回りが10年物国債の金利とあまり変わらないとしたら、投資家はより安全な国債を購入します。レシオの数値が小さくなる時、価格の変動リスクを抱える株であっても債券より大きなリターンが見込めると判断すれば、株を買うという心理が働きます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading