イールドカーブ

イールドカーブ
金利と期間の関係を表した利回り曲線グラフのこと。英語ではYield(金利) Curveと表記します。

縦軸に金利の高低変化、横軸に満期(償還)までの期間を目盛りにしたグラフで、債券、特に国債へ投資をする際などの重要な指標となっています。

通常、金利は短期より中期、中期より長期のほうが高くなる傾向があります。貸し出し期間が長いほど信用リスクが大きくなることから、借り手が高い金利を負担するからです。この右肩上がりの曲線を順イールド。さらに市場が景気回復を見込んでいる場合、金利が上昇すると予想されるので右肩上がりのカーブがきつくなることをスティープ化と言います。

反対に、長期、中期、短期の順で金利が高くなる右肩下がりの曲線を逆イールドと言います。国が金融引き締めを行い、市場のインフレ期待が終息する時など、短期金利が長期金利を上回る逆イールドになります。景気が減速しそうだと予想される場合など、カーブが緩やかになることをフラット化と言います。

債券市場へ投資する際は、イールドカーブの形状を確認しながら、どの年限の債券が投資にふさわしいかを判断していきます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading