加重平均資本コスト

加重平均資本コスト
企業が、株式発行などの資金を調達する際に発生するコストについて数値化したものを指します。英語ではWeighted Average Cost Of Capital)と言い、略称で「WACC」と呼ばれています。

投資判断を行う時に、企業のプロジェクトから得られるIRR(内部収益率)が、加重平均資本コストを上回っていれば、そのプロジェクトは収益性を見込めるという材料になります。加重平均資本コストと株主期待利回りとは同義語で、企業側にとっては、その期待利回りにこたえる必要があるという意味から、コストととらえられ、このように呼ばれるようになりました。

加重平均資本コストの計算式は WACC(%)=有利子負債残高×負債利率×(1-実効税率)         +自己資本残高×自己資本要求利回り

加重平均資本コストには2種類あり、株主からの資本の出資を受ける場合の「株主資本コスト」と、債権者より借入をして負債を負う「負債コスト」があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading