ラップアカウント

ラップアカウント
証券会社が提供する一任勘定型の資産運用管理サービスのことで、「ラップ口座」とも呼ばれています。

ラップアカウント(Wrap Account)と呼ばれる理由は、資産運用管理の手数料が、個々の取引ではなく資産残高に応じて、すべてを包括(ラップ)したものになっているためです。ラップアカウントの最大の特徴は、一般的な口座では売買のたびに手数料がかかるのに対し、ラップアカウントでは、売買手数量から口座管理料、外部の投資顧問会社への紹介料などすべて含まれているので、年間コストを固定でき効率的な運用が行えることです。

米国では、1975年に株式売買手数料がじゆうかされたのと同時に商品化が始まりましたが、浸透し出したのは1987年のブラックマンデー以降で、1990年代に入って残高の膨張に弾みがつきました。日本でも1998年12月の証券取引法改正で証券会社にも投資一任業務が認められ、ラップアカウントを導入する環境が整いました。証券会社が投資家のニーズに応じて様々な投信ファンドを組み合せて運用を行う「投資信託型」と、証券会社が投資顧問業者を選択斡旋して、その投資顧問業者によって運用される「投資顧問型」の2つがあります。最低投資額が1000万円以上であるため、元来は富裕層向けのサービスとして普及しましたが、現在は小口化に向かって資産額のハードルが低くなる傾向にあります。

また最近では、ラップアカウントは「SMA(包括的管理勘定)』とも呼ばれ、英語でのSeparated Management Accountの頭文字を略したものです。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading