天候デリバティブ

天候デリバティブ
デリバティブ商品の一種で、天候による収益減少をカバーする金融派生商品です。英語で、Weather Derivativesと言います。

天候デリバティブは、1997年に米国のエンロン社によって開発され、1999年にシカゴ?マーカンタイル取引所において上場されました。日本では、1999年に三井海上火災保険などで取扱いが開始されました。天候デリバティブは損害保険とは異なり、気象条件を直接の対象としたオプションを売買するため、「気象デリバティブ」と呼ばれることもあります。

天候デリバティブは猛暑、冷夏、暖冬、豪雪、長雨、渇水、などの極端な天候の変化によって生じる企業の収益減少を補償する金融派生商品です。気象現象である気温や湿度、降雨量、降雪量、風速、台風などを基準として「ストライク値」という条件を定め、条件を上回るまたは下回った場合に、自動的に補償額が支払われる権利(オプション)を取引するものです。購入者は一定額を損害保険会社などにオプション料を支払ってオプションを購入し、対象期間中の気象結果によってオプション料より補償金が支払われる仕組になっています。おもに、収益が気象条件に左右される事業のリスクヘッジとして利用されます。天候デリバティブに用いられる指標には、CDD(日平均気温-基準温度)、HDD(基準温度-日平均気温)、気温デイカウント、風速デイカウントなどがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading