ボラティリティ

ボラティリティ
株式や債券、為替などの金融商品の価格の変動の度合いを示したものです。英語では、Volatilityと言います。

ボラティリティの本来の意味は「変動性」で、価格の変動率を指し相場を見る際の重要な指標となっています。ボラティリティが大きいとは価格の変動性が高いことを表します。特にオプション価格を決定する上で最も重要な変数とされており、統計学的にボラティリティを解釈すれば「市場価格の日々の標準偏差の年率換算値」とされています。つまり「変動率=標準偏差」となり、この標準偏差が大きいことが重要視されます。なぜなら変動率が高いと相場の変動幅が非常に大きくなるため、相場全体を読むことが難しくなるためです。また変動率が小さければ価格の変動幅も小さくなり、それだけリスクも小さいということになります。リスクの大小をはかるには、標準偏差の大小や変動率の大小に直結しているため、オプション取引では欠かせないものとなっています。

ボラティリティには、現在のオプション価格から将来の変動率を予測した「インプライド・ボラティリティ」と、過去の変動の価格から計算した「ヒスカル?ボラティリティ」があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading