バリューアプローチ

バリューアプローチ
企業の価値を分析して、利益や資産などの基準に対して割安なものに投資をするという運用スタイルのひとつです。

バリューアプローチ(Value Approach)とは、「バリュー型投資」や「割安株投資」よも呼ばれ、株式投資におけるポートフォリオ構築のために使われる手法です。1934年に、ベンジャミン・グレアムとデビッド・L・ドッドが共著で書いた不朽の傑作と言われる「証券分析」で始めて紹介された投資方法です。現時点で何らかの理由で人気の圏外にあり、株価が割安におかれている企業が対象で、企業の価値に対する「株式の割安度」を特別に重視しています。バリューアプローチの選択基準は、市場平均と比較して、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)の低いものや配当利回の高いものが代表的です。PBRとは、企業価値に見合った株価かどうかを判断する指標で、株価純資産倍率が高いほど、企業が保有している資産(株や土地、現預金など)をはるかに超えて、過大に評価された株価になっているということがわかります。これらの基準をもとに、株価が市場において割安におかれている企業がバリューアプローチの対象となります。

割安におかれている株価が将来的に市場で再評価されて、大きく上昇に向かう可能性のある企業の銘柄を見極めることは大変難しく、その銘柄を多方面から調べることが重要となってきます。その結果的、バリューアプローチが成功した場合は、非常に大きなリターンを得ることができます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading