ユニット型投資信託

ユニット型投資信託
投資家が購入できる期間が当初の募集期間に限られ、資金の途中解約はできない投資信託のこと。「単位型投資信託」とも呼ばれます。英語ではUnit Type Investment Trustと言います。

ユニット型投資信託は、運用後に換金できない期間(クローズド期間)が決められていて、購入期間、換金、運用期間などに制限がある(クローズドされている)ため、別名「クローズド型投資信託」と呼ばれています。世界初の投資信託は単位型投資信託でしたが制限が多いため、現在は自由に追加購入と換金が可能な「追加型投資信託(オープン型投資信託)」が主流となっています。

ユニット型投資信託には、商品性格が同種のタイプのものを毎月募集する「定期定型」と、経済情勢などを考慮しタイミングを見計らった上で設定される「スポット型」があります。どちらも追加設定はできず、投資信託ごとに投資期間も定められています。購入した後は、一定期間換金が不可能なものや、償還日まで換金でないものなど、投資信託によって異なるので注意が必要となります。ユニット型投資信託は運用期間が終わると、運用会社は終了期間までの資産をすべて売却し、所有分に応じて償還金を支払うことになります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading