引受シンジケート団

引受シンジケート団
新たに発行される大型の有価証券や協調融資を引き受けるために銀行や証券会社などで結成される団体のこと。英語でUnderwriting Syndicateと言います。略して「シ団」「引受シ団」とも呼ばれています。

発行金額が巨額な有価証券発行となると証券会社1社で引き受けるのは困難であるため、複数の銀行や証券会社が共同で引き受けます。主に銀行が中心となって結成し、国債、地方債などの公共債を引き受けます。引受シンジケート団は、発行有価証券ごとにメンバーが異なります。

一般的には、主幹事を大手証券や投資銀行などが務め、有価証券の募集・売出しに際して販売力を強め、売れ残りが出るリスクを分散させることを目的に引受団を組成します。発行有価証券ごとに参加するメンバーが異なります。シンジケート団の組成については、 新規取引金融機関を含め、幅広く参加金融機関を募集してシンジケート団を組成するジェネラル・シンジケーション方式と、既存取引金融機関など、限られた金融機関でシンジケート団を組成するクラブ・ディール方式があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading