三角持ち合い

三角持ち合い
高値更新もできず、安値更新もできずに、上下のトレンドラインの中に相場が完全におさまっている状態のことで、「トライアングル」とも表現します。

三角持ち合いの状態は、徐々にトレンドラインの差が縮まり幅が狭くなっていくので、最終的には交差するような形に向かいますが、この時にチャートが上下のトレンドラインをどちらかに突き抜けるような場合は、突き抜けた方向にトレンドが向かっていきます。上のラインがブレイク(突き抜ける)すれば、相場は一気に上昇をみせ、下にブレイクすれば一気に下落していきます。相場が大きく動くことでトレンドが形成されるので、相場に順張り取引(相場の流れに沿って売買する方法)をすることで大きな利益を得られることがあります。

三角持ち合いは、「P波動」と呼ばれることもあり、三角持ち合いの相場を三角形ではなく、アルファベットのPの中におさまるという見方もあるためです。また、三角持ち合いとは逆に、高値?安値がどちらとも広がっていく相場のことを「逆P波動相場」または「Y波動相場」と呼ぶことがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading