大天井

大天井
上昇相場において高い水準付近を「天井」といい、大天井(Reaching the Top Price)は、その中でも最も高いところを指します。

大天井は相場が上昇、高騰している状態の時に、これ以上値を上げることなないだろうというポイントになり、大天井を見極めて株を売ることができれば、大きな利益を得ることができます。ただ、前後の比較によって大天井かどうかが判断されるので、リアルタイムに大天井を判断するのはなかなか難しいとされています。

株価のチャートで大天井の体型を表す代表的なパターンが、底値より激しい波瀾を繰り返しながらの上昇、下降を3回繰り返す「三山」というパターンです。

また、大天井は、ある期間の前後を比較した場合の最高値のことであるため、相場における1日の変動の最高値は大天井とは言いません。大天井で、株価がそれ以上の伸びを示さない状態のことを「頭打ち」と表現し、また連日最高値が続き、大天井が確認できない状況を「青天井」と言います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading