トップダウンアプローチ

トップダウンアプローチ
投資判断をするための運用手法で、経済や金利、為替レートなどマクロ経済動向の分析から、資産分配や業種配分を決定し、その後、資産配分の枠の中で個別銘柄を決めて行く方法のことです。英語でTop-down Approachと言います。

トップダウンアプローチとは、マクロ的視点から入りミクロ的視点に移行していくことから、この名称がついています。株式に分散投資する投資信託の場合などで、運用を担当するファンドマネージャーが実施するトップダウンアプローチで主に用いられるのは、物価指数、鉱工業生産指数、在庫指数などの統計データなどで、こうした指数を参考に株価や金利、為替などの予測を立て、投資方針を決めます。こうしたプロセスを経て投資運用が行われるため、トップダウンアプローチの場合には個別銘柄の選定よりも、マーケットの将来的な成長度合いの予想の方が、運用成績に大きな影響を与えます。マクロ経済の読みと、ミクロな視点が、投資信託のパフォーマンスに直接影響を及ぼすことになります。

トップダウンアプローチとは反対に、マクロ経済の動向などではなく、個別企業を調査?分析することで企業の将来性と株価の動向を見極めて判断する方法を「ボトムアップアプローチ」と言います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading