ティン・パラシュート

ティン・パラシュート
敵対的買収防衛策のひとつです。企業買収に伴い、 買収後に従業員が解雇されることを想定し、多額の退職金を支払うことを設定しておく防衛策のことです。

ティンパラシュート(Tin?Parachute)は企業買収によって従業員が解雇される場合に、多額の割増退職金を支払うことや、健康保険などの契約を保障するという規定を「雇用契約」または「労働協約」などで定めておき、契約を前もって従業員と結ぶことを言います。 これにより、買収者の買収コストを引き上げ、買収意欲を事前に削ぐ狙いがあります。

ティンパラシュートとは、直訳すれば「ブリキの落下傘」という意味になりますが、買収後に退職する少数の経営陣に対して高額な退職金を支払う敵対的買収防衛策を、「ゴールデン?パラシュート」と言うのに対し、総額は巨額であっても1人あたりの金額は少額なために「ティン(ブリキの)」という意味でティン?パラシュートと言われます。ティン?パラシュートはゴールデン?パラシュートの従業員版と言われ、どちらも買収者の意欲を削ぐための交渉材料となります。役員の退職金については株主総会での承認を必要としますが、従業員の退職金については取締役会の決議のみで済むため、ゴールデン?パラシュートよりも機動的に行えるようになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading