東証業種別株価指数先物取引

東証業種別株価指数先物取引
TOPIX(東証株価指数)の補助的な株価指数のひとつで、東証業種別株価指数先物取引を取引対象とした株価指数先物取引のことです。

東証業種別株価指数先物取引とは、東京証券取引所の市場第一部に上場している株式を、「日本標準産業分類」(総務局が定める)により33の業種に分けて、各業種の株価を集計し指数化したものです。取引指数は各指数の10000倍で、取引対象のTOPIXは抽象的な数値であるため、先物取引の期限がきても商品を受け渡すことはできません。そのため、東証業種別株価指数先物取引の決済は、すべて差金の授受により行われることになります。決済方法には、取引最終日までに転売するか、あるいは買戻しによって決済を行う方法と、最終決済期日に最終決済を行う方法があります。最終決済は、取引最終日の翌営業日における最終清算指数(SQ)を使って行われます。

東証業種別株価指数先物取引とは、「証券コード協議会」が定める業種区分に基づき、東証第一部上場銘柄を33の業種に区分し、指数化したものです。

<東証業種別株価指数の33業種区分>

水産・農林業、鉱業、建設業、食料品、繊維製品、パルプ・紙、化学、医薬品、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、鉄鋼、非鉄金属、金属製品、機械、電気機器、輸送用機器、精密機器、その他製品、電気・ガス業、陸運業、海運業、空運業、倉庫・運輸関連業、情報・通信業、卸売業、小売業、銀行業、証券・商品先物取引業、保険業、その他金融業、不動産業、サービス業

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading