サステナビリティー

サステナビリティー
持続可能性、あるいは持続できることを意味します。英語でSustainabilityと表します。

企業のサステナビリティーと使う時は企業が収益率を上げ、現在ばかりでなく将来も引き続き、「企業発展」、「経済的発展」、「環境の側面」、「社会的側面」などにおいて貢献できる可能性を持つことを示しています。

サステナビリティーの反対語は「持続不可能」といことになります。たとえば、石油や天然ガスなどの資源は、いつかは枯渇する持続不可能なエネルギーだといえます。地球規模で問題をなっているCO2排出量も自然が吸収できる範囲を超えている持続不可能な状態です。このように今までの産業や生活スタイルは、いつかは終焉を迎えざるを得ない持続不可能なものが主流でした。この流れに危機感を感じ生まれたのがサステナビリティーという考え方で、企業にも求められています。現在では「環境報告書」や「サステナビリティー報告書」を発行する企業が増えていますが、背景には企業の社会的責任(CRS)という視点から企業価値を評価しようという国際的な動きがあるためです。グローバル化が進む経済では、サステナビリティーを意識して企業の活動を行うことで企業の社会的責任を果たすことになり、逆に企業の社会的責任を果たすことがサステナビリティーの向上につながっていきます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading