仕組債

仕組債
定期的に決まった利率で金利が支払われる債券とは異なり、特定の投資家のニーズに応じて金利や元本の支払い方法を柔軟に調節した債券のことです。英語では、Structured Securitiesと言います。

仕組債とは、金利スワップ取引や株式オプション取引といった特殊な金融テクニックを活用し、元利払いのキャッシュフローを“仕組む”ことから、この名称がつけられました。仕組債では、さまざまな株式や為替を使って組成をすることで、投資家の希望に合った債券をつくることができ、個人の投資目的やリスクヘッジレベルに応じてオーダーメイドで債券を組成することも可能です。また、こうした仕組債は企業や団体などの資産運用にも利用されています。通常、金融業ではない会社では、株などの運用は禁止されており、資金運用については比較的安全な債券に限り許可されているところもありますが、このため仕組債なら「債券」という形で運用できることになります。

仕組債には性質上、債券とは思えないほど高いリスクを伴うものがあるため注意が必要です。代表的な例としては、償還期限が近づくにつれて金利が増えていく「ステップアップ債」、株価指数などに連動して元利払いが変わる「リンク債」、商業用不動産や金銭債権を証券化した「資産担保証券(アセット?バック?セキュリティー=ABS)、利払いと償還金とで支払い通貨が異なる『デュアルカレンシー債」、「日経リンク債」、「他社株転換社債(EB債)」などがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading