元本利子分離債

元本利子分離債
米国財務省によって開発されたもので、利付債の元本部分と利札部分を分離して取引することで、「ストリップス債」とも呼ばれています。英語ではSTRIPS(Separate Trading Of Register Interrest And Principal Of Securities)と言います。

一般に利付債への投資には、満期までに受け取る利息の再運用金利が確定していない再投資リスクがありますが、元本利子分離債には再投資リスクがないというメリットがあります。日本でも買付けが可能な元本利子分離債には、とレジャー?ノート?ベーシックやトレジャー?ボンド?ベーシックという米国債の元本ストリップス債があります。

日本の国債もストリップス化が進んでいます。2003年から新振替決済制度に移行したことにより、新たに発行される確定利付国債は、すべてストリップス化が可能な分離的確振替国債となりました。これにより、現在発行されている確定利付国債については、元本部分と利子部分を分離することが可能になっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading