ストップ高比例配分・ストップ安比例配分

ストップ高比例配分・ストップ安比例配分
あらかじめ取引所で決められている株価の1日あたりの変動幅が、「ストップ高」または「ストップ安」まで動いた場合の処理方法のことです。

比例配分とは、金融商品取引所の売買成立方法のひとつで「ストップ配分」とも呼ばれます。注文が売り買いのどちらか一方に大きく偏っている場合に、 株価の過度な乱高下を回避するために行われます。 通常の取引は、売りと買いの数量が同等になったところで価格は決定しますが、「ストップ高」あるいは「ストップ安」の水準まで動いた場合は、大引けとなり、その株価での売り株数と買い株数の比率に応じて配分して売買を成立させる仕組になっています。このようにストップ高で比例配分することを「ストップ高比例配分」、ストップ安で比例配分することを「ストップ安比例配分」と言います。

たとえば、買いの注文が殺到しストップ高で大引けを迎えた場合、買い10万株に対して売りが3万株だとすると、3万株だけ売買が成立したことになります。 その時に、買い10万株のうち売買が成立する株数(3万株)は、証券会社ごとに発注数量に比例して配分されることになります。配分(割当て)を受けた証券会社は、社内ルール(価格優先や時間優先など) に従って各投資家へ配分(割当て)を行います。ストップ安比例配分の場合は、売り注文の比例配分を行うことになります。一般的に比例配分は、株式取引だけではなく、先物取引(オプション取引)などでも行われることがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading