ストックオプション

ストックオプション
取締役や従業員が、一定期間内(権利行使期間)に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、会社から自社株を購入する権利のことです。

会社からストックオプションを付与された取締役や従業員は、株価が権利行使価格を上回った時点で権利を行使し、株式を売却することによって、権利行使価格からの価格上昇分(キャピタルゲイン)を得ることができます。これにより、取締役や従業員の株価上昇への意識が高まり、業績向上に努めようとする「インセンティブ報酬」として、1990年代以降にハイテク関連企業などを中心に広がりました。2001年の商法改正の新株予約権制度の導入により、新株予約権のストックオプションとしての利用がさらに活発化しています。

会社側にとってのストックオプションのメリットは、取締役や従業員にストックオプションを付与しても、会社からは現金やその他資産の形での財産の流出がないことです。さらにストックオプションは、市場で売買される「株式オプション」とは異なり、勤務条件や業績向上に関する条件など、企業の事情を考慮したさまざまな条件を付すことができます。デメリットとしては、ストックオプションの付与後に、期待していた報酬が得られない場合は、取締役や従業員のモチベーション低下、他社への流出などが挙げられます。社員側としては、ストックオプションの権利を行使するのに必要なコストが手元資金を超える場合は、資金調達が必要となることがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading