擬似ストックオプション

擬似ストックオプション
自社の株式をあらかじめ決めておいた価格で購入する権利を与えるストックオプションに対して、ワラント(新株予約権)などを使って、ストックオプションと同じ効果を得ようとすることをいいます。

疑似ストックオプション(Synthetic Stock Options)とは、1997年の商法改正までストックオプションを導入することができなかったため、ストックオプションと同様の効果を得るために作られたシステムです。会社が新株引受権付社債(分離型ワラント債)を発行して、新株引受権証券(ワラント部分)を疑似ストックオプション(自社株購入権)として付与する形式になっています。

1997年以降に導入されたストックオプションは、付与対象者が会社の取締役や従業員と限定されていたため、疑似ストックオプションの利用も多少はありましたが、2001年に商法改正により付与対象者の限定がなくなったため、現在では疑似ストックオプションの制度を利用することはなくなりました。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading