株券失効制度

株券失効制度
株主が株券をなくした場合に、喪失した株券を無効にして、当該株主に新しい株券を再発行するための手続きのことです。

株主失効制度は、商法改正により2003年4月から施行され、それ以前は公示催告手続きに基づく除権判決を得た場合のみ、株券の再発行は請求できませんでした。改正により、株主は株券の喪失登録請求をして、抹消申請などがなければ、株券喪失登録日の翌日から1年を経過した日に喪失株券は無効となし、株券の再発行ができるようになりました。株主失効制度は「株券喪失登録制度」ともいい、2006年施行の会社法はこの制度を引き継いでいます。

株券の喪失者が株主名簿上の名義人と異なる場合は、この名義人に対して、株券喪失登録がなされたことを通知するようになっています。また、株券喪失登録がなされている株券にかかわる株式については、名義書換ができず、株券喪失登録が名義人である場合を除き、株主総会における議決権の行使もできません。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading