スプレッド取引

スプレッド取引
2つの証券の金利差や価格差の差額(スプレッド)を利用して行う取引のことです。英語では、Spread Tradingと言います。

スプレッド取引とは、ひとつの銘柄の上げ下げを予測するのではなく、2銘柄の株価の差(スプレッド)が拡大するのか、縮小するのかを予測する取引です。2銘柄の株価の差(スプレッド)の拡大?縮小を予測する根拠はさまざまですが、一般的には割高な銘柄を売り、割安な銘柄を買うことによって、利ザヤを得ることができます。スプレッド取引は、債券取引や先物取引、オプション取引などでも積極的に行われています。

スプレッド取引は市場全体の上げ下げに影響を受けることが少ないため、市場の動向に関係なく利益をを狙うことが可能です。一方、売り買いの2つの取引を同時に行うため、一般的な取引より手数料などのコストが大きくなることがあります。対象2銘柄の価格が上がっても下がっても、ふたつの銘柄のスプレッドが縮小すれば差額が「利益」となり、反対に差額が広がると「損失」となります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading