直物取引

直物取引
通貨の売買を約定した日から2営業日後に、外貨とその対価を受渡をする銀行間での外国為替の取引のこと。直物為替取引、スポット取引とも言い、英語でSpot Tradingと表します。

外貨とその対価の受渡日が2営業日とされているのは、海外と行われる取引なので時差があり、事務処理上の時間も考慮されているからです。日本国内の場合は約定した当日、翌営業日のこともあります。

直物取引に対して、一定期間後、契約時に交わした条件で受渡を行うものを先物為替取引と言います。受渡決済は、自行の海外支店か外国銀行の預金口座への入出金によって行われます。

直物取引の売買と、その反対の売買を先物為替取引で同時に行うことを為替スワップ取引と言います。直物取引と為替スワップ取引が、外国為替市場の取引で圧倒的なシェアを占めています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading