スペキュレーション取引

スペキュレーション取引
投資というよりも、投機(利益追求)を目的に株式を売買することです。

スペキュレーション取引は「投機取引」とも呼ばれ、独自の相場観により、積極的なキャピタルゲイン(資産運用に対する成果)の獲得を目指します。具体的には、先物取引やオプション取引などの相場で、売切りまたは買切りをして、短期間の価格変動で生じる差益を狙います。スペキュレーション取引とは、儲かれば利益も大きくなりますが、少しの変動でも想像以上に損失が膨大になり、一般にハイリスク?ハイリターンであると言えます。

先物取引でのスペキュレーション取引の方法は、相場が上昇すると判断した場合、先物取引を「買い建て」して、相場の上昇後に転売し利益を得ます。逆に相場が下落すると判断した場合は、先物取引を「売り建て」して、相場の下落後に買い戻しをして利益を得ます。こうしたスペキュレーション取引を行う投資家のことを「スペキュレーター」と言い、スペキュレーターは短期の株式売買を好むと言われています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading