社債間限定同順位特約

社債間限定同順位特約
条件通りに返済できない場合でも、すでに発行されている社債と同等の条件で返済するという無担保社債のことです。

1996年1月から、それまで社債発行の資格要件とされていた適債基準が完全撤廃され、従来の財務制限条項を「財務上の特約」と名称を変えて自由に設定できることになりました。「財務上の特約」の中でも「担保提供制限条項」は非常に重要な意味を持ち、当該社債が平等かつ比例的に担保されない限り、他の債権者に対する担保提供を制限するとしています。自由化後は、「社債間限定同順位特約付」の契約で発行される普通社債が増加しています。社債間限定同順位特約付は「他の国内社債」と同順位にするものの、社債以外の債務と同順位性は確保されていない「社債間パリパス(同順位)」です。

従来の「担保提供限定特約付」では、一部の例外を除き、原則として銀行借入金など、他のすべての国内債務と同順位になっており、仮に銀行借入金に後に担保を設定した場合は、社債にも担保が付され、担保付に切り換わることになっています。これに対して、社債間限定同順位特約付は、デフォルトが発生する前に、すべての借入金が担保付に切り換わる事態が発生しても、銀行借入金は優先的に弁済され、社債権者はその後の資金回収になります。これは、社債権者の地位が、銀行借入金などの国内債務に比べ低くなっている特約条項となっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading