ソブリンウェルスファンド

ソブリンウェルスファンド
各国の政府が出資する政府系投資機関が運営するファンドのことです。

ソブリンウェルスファンドは英語で、Sovereign Wealth Fundと言い、頭文字をとって「SFW」と呼ばれることもあります。正式には「主権国家資産ファンド」と呼ばれますが、日本では「政府系ファンド」や「国富ファンド」、「国家ファンド」など様々な呼び方があります。最近の世界的な資源価格の急騰により、資源供給国の積極的な運用が目立つようになっています。特にアラブ系の政府ファンドでは、このところの原油高騰で大きな資金を得ており、米国をはじめとする先進国への経済的存在感も増してきています。その反対に、欧米ではこうした政府系ファンドには消極的です。なぜなら、市場に政府が介入することをよしとしない考え方があるためです。

ソブリンウェルスファンドでは、世界最大規模と言われるアラブ首長国連邦の「アブダビ投資庁(ADIA)」、サウジアラビアの「サウジアラビア通貨庁」、ノルウェーの「ノルウェー政府年金基金(GPS)」、シンガポールの「シンガポール政府投資公社(GIC)」、中国の「中国投資有限責任公司(CIC)」、マレーシアの「カザナ?ナショナル」などがよく知られています。

各国のソブリンウェルスファンドは資源によるものが多く、資源を持たない日本がSWFを運用する場合は、外貨準備金や年金を運用することになります。社会保障費をまかなう目的や、現在100兆円までに膨らんだ外貨準備の運用先として検討されていますが、運用リスクが国民に跳ね返るとし財務省は反対の立場をとっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading