ソブリン債

ソブリン債
各国の政府や政府関係機関などが、発行または保証する債券の総称です。

ソブリン債(Sovereign Bond)とは、国や国際機関などによって発行され保証されているため、OECD(経済協力開発機構)加盟国などの信用格付けが高く、そのため利率は低くなっています。ソブリン債は、安全性の高い債券の代表として扱われることが多いですが、新興国や発展途上国などの国債は安全性が高いとはいえません。現実に、2001年に起こったアルゼンチン国債のデフォルトでは、日本国内の投資家も多数購入しており、大きな損失が出ました。

日本でのソブリン債は、投資信託に複数の発行体を組み込んで構成されたものが多く、これはリスクコントロールや安定した収益の提供を可能にするためです。その代表例として、国際投信投資顧問が設定し運用する「グローバル?ソブリン?オープン(グロソブ)」があります。グローバル?ソブリン?オープンでは、日本、米国、カナダ、フランス、ドイツ、イギリス、ベルギー、イタリア、スイス、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、カナダ、オーストラリアなどのソブリン債(国債)に資金のほとんどを投資しています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading