ソルベンシーマージン比率

ソルベンシーマージン比率
大災害や株の暴落など通常の予測を超えて発生するさまざまなリスクに対応できる保険会社の支払余力を判断する基準のことです。

ソルベンシーマージン比率は、1996年の保険業法改正以降、保険会社の健全性を判断するための、行政監督上の指標として用いられています。数値が高いほど安全性が高いと言われ、ソルベンシーマージン比率の定義は、保険業法施行規則に定められていて、比率の区分によって「早期是正措置」を取ることが定められています。保険は、通常レベルで発生しうる程度の損害額は統計的に予測できますが、予測不可能な大規模な損害が発生しても、保険会社は、その損害に対する保障を行わなければいけません。予測レベルを超えた諸リスクに対応する能力を表したものがソルベンシーマージン比率です。

ソルベンシーマージン比率の算出方法は、

「ソルベンシーマージン÷(リスクの合計額×1/2)×100」

ソルベンシーマージン比率で出された数値が、200パーセント以上であることが、健全性確保についてのひとつの基準とされています。金融庁は、保険会社の破綻を防止するために、ソルベンシーマージン比率を「100パーセント以上200パーセント未満」、「0パーセント以上100パーセント未満」、「0パーセント未満」という区分にし、それに応じた命令を発することができます。「0パーセント未満」に対しては、期限付きの業務のすべて、または一部の停止を命じます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading