ソリシター

ソリシター
英国での事務弁護士を指します。

英国の弁護士は、バリスター(Barrister)とソリシター(Solicitor)に分かれています。バリスターは法廷弁護士を指し法廷での弁論だけを専門に担当するのに対し、ソリシターは一般の法律相談や書類の作成・管理をし、弁護士として法廷には立たつことはありません。英国、アイルランドなどでは、法律専門職はバリスターとソリシターの果たす役割に応じて二種類に分かれており(二元主義)、いずれかひとつの資格しか持たないのが通常となっています。一般的にソリシターは、バリスターの下位に扱われます。

英国では市民の法律相談はソリシターが担当することになっているため、市民の法律の窓口的役割も果たしており、身近な存在となっています。この中で、ソリシターが裁判の必要があると判断場合には、ソリシターからバリスターに依頼することになります。バリスターはソリシターの紹介によってのみ、仕事の依頼を受ける形なので、依頼者から直接仕事を受けることはありません。

日本でも、明治初期にフランスの弁護士制度を取り入れて、「代言人」と「代書人」が定められました。代言人は後に弁護士となり、代書人は司法書士となりました。日本の司法書士は、各国のソリシターとは異なり、法廷外の法律事務一般を広く取り扱うものではなく、限定されたそれぞれの領域において書類作成や手続代理などの法律事務を取り扱うのが原則となっています。

? 

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading