ソフトダラー

ソフトダラー
証券会社が機関投資家に対して、株式などの売買手数料を割り引く形態のひとつです。「ソフトコミッション」とも呼ばれます。

ソフトダラーとは、一定の売買注文を出してもらうことを条件に、コンサルティング料や、年金や投資信託の運用担当者が利用したアナリストの調査資料の代金や情報端末の使用料を肩代わりし、間接的に手数料を安くするという方法をとります。証券会社側としては、手数料を直接割引くより負担が軽減され、顧客との取引を継続できるというメリットがあります。また、機関投資家に質の高い調査情報を提供し手数料を上げるため、証券会社は質の高い調査レポートを競うようになります。

米国では、証券会社が売買注文を出してもらう手段として浸透しました、ただ、外部からは割引の実態が不透明で、運用担当者の個人的な経費の付け回しに利用するなどの例も報告されており、ソフトダラーの内容の開示を強化する規制措置がとられています。日本でも、外資系証券会社が機関投資家とのソフトダラー取引を広げていて、1999年10月の「手数料完全自由化」を受けて、さらに拡大しつつあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading