短期プライムレート

短期プライムレート
金融機関が優良企業に対して1年未満の短期融資を行う際の、最優遇貸出金利(プライムレート)こと。英語では、Short-Term Prime Rateと言います。

短期プライムレートは、「短プラ」とも呼ばれ、従来は各銀行が公定歩合に連動した金利をもとに信用リスクのレベルに応じて上乗せ金利の付加決定を行っていましたが、1989年以降は、公定歩合ではなく「バケット方式」を採用しています。バケット方式とは、普通?定期預金金利、譲渡性預金(CD)や手形金利などの市中金利に連動して決められるようになったものです。そのため、従来の短期プライムレートと区別する意味で「新短期プライムレート(新短プラ)」と言うこともあります。

各金融機関は独自の基準で短期プライムレートを決定するので、その値は各銀行間でわずかながら違いが出ます。そのため、日銀は「最頻値」という名称で、短期プライムレートの平均化した値を提示しています。また、短期プライムレートに対し、金融機関が優良企業に1年以上の長期融資における最優遇貸出金利を「長期プライムレート(長プラ)」と言います。短期プライムレートは、長期プライムレートより値動きが遅いため、長期プライムレートが高くなってきた場合は注意が必要です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading