ショートポジション

ショートポジション
売りから入っている状態のことで、「空売り」していることを指すこともあります。

ショートポジション(Short Position)は、「売りポジション」や「ショート」とも呼ばれ、一般的には将来値下がりすると判断した対象商品を売って、値下がりした時点で買い戻し決済する投資手法のひとつであり、決済時の差額が損益となります。ショートポジションに対し、株式などを買って保有している状態を「ロングポジション(Long Position)」と言い、「ロング?ショート」とは、割高な銘柄を空売りし、割安な銘柄を買って高い運用効率を目指す投資手法で、ヘッジファンドなどがよく利用します。また、ポジションがロングでもショートでもない状態を「スクウェアポジション」と言います。

ショートポジションは、主に先物取引、信用取引、外国為替取引、商品先物取引などで使われます。為替取引でのショートポジションとは、外貨が足りない状態か外貨を売った状態を指し、「ドル/円でショートポジション」と言えば、外国為替のポジションを売り待ちしている状態を表します。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading