額面割れ

額面割れ
額面割れ(Drop below par)とは、株券の券面に起債されている金額(50円、500円など)などの水準を株価が下回ることを言います。逆に額面金額が下回っていた株価が額面以上になったときを「額面回復」と呼びます。

一般的に額面割れとなるのは、経営悪化や業績不振などの悪材料を持つ会社の株式ですが、ユニット型投信の基準価格が元本を割り込むことも、元本割れと言います。

株式の額面は商法により最低額が定められており、商法の改正によって額面の金額も変化してきました。現在の額面の種類は、「20円額面」、「50円額面」、「500円額面」、「5万円額面」、「無額面」があります。時価で取引される株価は変動していきますので、株取引をする際には、額面はほとんど関係ありません。

多くの銘柄では額面より時価の方が上回り、この上回っている部分を「プレミアム」といい、このプレミアムを比較すれば株式市場での会社の評価がわかります。反対に、額面が時価よりも上回っている銘柄は、その銘柄企業が経営破綻状態であることを指します。これが「額面割れ」であり、額面割れの会社は、「整理ポスト」という位置におかれます。整理ポストとは、経営破綻や倒産などで上場が廃止される銘柄を一時的に保管する場所のことです。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading