差金決済

差金決済
有価証券などの原商品を受け渡すのではなく、反対売買によって生じた差額分の金銭だけで決済する仕組みのことです。英語ではSettlement on Balanceと言います。

証拠金を委託して直接原資産の買付けを行わない「FY取引」や、『CFD取引』、『先物取引」などは差金決済が認められています。一方、株式投資の場合は差金決済を行うことを禁止しています。

たとえば、100万円の資金を証券会社に預けておき、ある日銘柄Aを80万円で購入し、同日に売却します。さらにもう一度同じ銘柄を80万円で購入し80万円で売ります。この取引後、通常受渡し日である3営業日後には160万円の買付け代金が必要となります。預けてある100万円では足りないので、60万円分の不足金を追加入金する必要があります。一方、同じ受渡し日に売却によって160万円を得ることもできます。差金決済が認められている取引では成立しますが、この場合は売却代金で相殺しようとして60万円の不足金を入金しないと、差金決済とみなされて法律違反となってしまいます。ただ、同じ銘柄ではなく、異なる銘柄で売買を繰り返すことは「ループ取引」と言われ、差金決済に該当しないとされています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading