悪目買い

悪目買い
悪目買いとは、相場が下がっていて売り人気が強い状態にもかかわらず、買い注文を入れること。「あくめがい」と読み、英語ではStebackと言います。

悪目は、上がる見られた相場が反対に下がること。悪目買いは、業績が振るわず回復の見込みも期待できない不人気な銘柄を買う時などに使われ、悪い目であることを承知した上であえて買うことから悪目買いと言われます。

目買いは、「逆張り」の一種で、狙い目が当たれば相場の裏をかくことになり、大きな利益を得られる可能性もあることから、一部では相場の「必勝の道」と言われることもあります。

ただし、市場の売り人気に逆らう投資であるため、これまでの投資経験や相場観を十二分に活かした上で行うことが望ましく、一般の投資家にはとても難しい買いです。悪目買い、逆張りの反対は、順張りと言います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading