抵当証券

抵当証券
抵当証券会社がその不動産融資債券を証券化して、一般投資家向けに小口販売する金融商品のことです。

抵当証券とは、1931年の抵当証券法に基づいて発行され、主に中小企業者や個人事業主向けの不動産を担保(抵当)とした貸付債権を証券化して、一般投資家に販売されます。抵当証券の取扱いは、抵当証券会社の他に、主要銀行や証券会社などで行っています。満期は1年から5年で、購入単位は50万円か100万円が一般的となっています。利子が半年ごとに支払われることから、複利運用を行えば高利回りが期待でき、抵当物件という存在があるため、それなりの安全性があるものの、元本保証はされていいません。このため、地下の下落などによる信用リスクが発生します。

一般に抵当証券を購入すると、抵当証券会社が元利金の支払いを保証する「モーゲージ証書」と、抵当証券保管機構が発行する保管証を受け取ることになります。万が一、抵当証券会社が倒産、廃業、破綻などをした場合には、抵当証券保管機構が担保不動産を競売にかけて、購入者に分配することになっていますが、この場合元利金は保証されず、国も保護してくれません。そのため、購入にあたっては、信用度の高い抵当証券会社を選ぶことが重要となります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading