サヤ取り

サヤ取り
異なる2つの銘柄をペアにして、ひとつを「売りポジション」、もう一方を「買いポジション」と売り買いを同時に建てることで利益を狙うことを言います。英語ではArbitration in Stockと言います。

サヤ取引とは「スプレッド取引」とも言われ、ふたつの銘柄の「価格差(スプレッド)」や「金利差を利用して行う裁定取引です。具体的には、2つの銘柄の価格差が一定水準以上に開いた場合に、割高な限月を売り建てて、同時に割安な限月を買い建てたりしてトレードを行います。ペアの価格が狭くなれば差額が利益となり、価格が広がれば損失となります。2つの銘柄の価格の上がり下がりは関係なく、2つの価格差がポイントとなります。そのため、市場の動向や景気とは関係なく、利益を狙うことができるのが特徴です。

サヤ取りは、買いだけを取引する場合や売りだけを取引する場合と違って、常に買いと売りを同時に仕掛けるため、暴落時などの値幅制限リスクを気にすることなく、少しずつ利益を積み重ねることができる手法だと考えられます。サヤ取りは、世界三大利殖のひとつと数えられ、日本ではあまり盛んではありませんが、世界中で広く一般的に行われている取引方法です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading