サムライ債

サムライ債
海外の発行体が日本国内市場において、円建てで発行する債券のことです。「サムライポド」や「円建て外債」とも呼ばれています。

海外の発行体が日本を連想する言葉として「サムライ債(Samurai Bond)」という名称で呼ばれています。海外の発行体にとって、世界の債券市場の中で日本は巨額の資金が調達できる貴重な市場のひとつであり、低金利であることも大きなポイントとなっています。発行体には、外国の政府、政府系機関、国際機関、外国の民間企業などがあります。

1970年にアジア開発銀行が日本において60億円の債券を発行したのが、日本初のサムライ債です。当初は公的なものが中心でしたが、時間経過を経て様々な形態のサムライ債が登場し、発行数も増加していきました。しかし、2007年頃からのサブプライム問題に端を発した世界規模のマーケットの信用収縮により、2008年~2009年にはサムライ債市場も一時崩壊状態になりました。サムライ債のリスクの高さが改めて認識されました。また、1996年に発行する団体の格付けが緩和されたことで、サムライ債は発展途上国も発行体として起債を許されるようになりました。このようなケースでは利回りは高く設定されていても、その分リスクも高くなっています。2001年にアルゼンチン債が経済危機のため「デフォルト(債券不履行)」となっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading