売上高成長率

売上高成長率
売上高成長率とは、売上高が前期と比較して、どれほど伸びたかを表す財務指標です。「売上高伸び率」とも呼ばれ、会社の成長率を見る重要な指標となって言います。
>
売上高成長率を上げていくためには、利益を出し、売上を上げて自己資金を大きくしていく必要があります。売上高が前期より増大すれば「増収」となり、減少すれば「減収」となります。
>
売上高成長率が高いほど、会社の規模が増大しているといえますが、それが市場の成長率よりも下回っている時には、実際は売上高の減少が起きていることになるので、注意しておかなければいけません。
>
投資目的で売上高成長率を見る場合は、伸び率が長期的に安定して伸びている会社が望ましいですが、同業者などの比較や、営業利益がきちんと出ているかなども重要になってくるので、売上高成長率と合わせて「営業利益伸び率」も一緒の比較材料になってきます。
>
売上高成長率の算出方法は 売上高成長率=売上高増加額÷基準時点での売上高
>

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading