ロールオーバー

ロールオーバー
先物取引やFX(外国為替証拠金取引)で、決済の期限を繰り延べてポジションを持ち越すこと。英語でRoll Overと言います。

先物取引の場合、期限が満了となる月で最も期限日が近い限月を当限と呼びます。当限の買い建て、売り立ては最終決済日に消滅してしまいます。次の限月以降も買い建てや売り建てができるように、期限を乗り換える行為がロールオーバーです。売り建て玉を繰り越すことをショートロール、買い建て玉を繰り越すことをショートロールと呼びます。

FXの場合、通常2営業日後に決済が行なわれます。これをスポット取引(直物取引)と言います。金曜日に約定された取引での利益は、土・日曜日をはさみ2営業日後の翌週火曜日に決済されます。しかし、相場の動きが投資家の思い通りに動いている時、ポジションの持ち続けたい時は、反対売買の注文を見送って自動的に1営業日先送りすることができます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading