リスクプレミアム

リスクプレミアム
株式という価格変動のリスクがある資産に対して、投資家が追加的に期待する収益率のことです。

リスクプレミアム(Risk Premium)とは、債務不履行リスク、または資本損失リスクなどの取引にかかわる不安定要素に対して付される割増料のことです。リスクの大きい投資ほど高い利回りを期待されることから、リスクプレミアムの大きさはリスクの大きさと比例する形になります。例えば、長期債券の金利については将来の金利が不確定なため、この部分が取引においてリスクと考えられ、短期債を取引する際の金利よりも、リスクに相当する部分だけ高く付利されています。これは為替相場などにも応用されており、また社債の場合は、格付け機関によって付けられた格付けによって、リスクプレミアムに差がつけられています。

リスクプレミアムとは反対に、日本で無リスク資産における利回りとしては、「コールレート(無担保コール翌日物」があります。コールレートとはコール市場における担保を必要をしない取引で、当日に資金を借りて翌日に返済する際の金利のことです。こうしたレートのことを「リスクフレート」と呼び、無リスク資産から得られる利回りという意味になりますが、厳密には無リスクな資産などは存在しないため、「ほぼ無リスクに近い」という概念が適用されています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading