総資産利益率

総資産利益率
保有する資産を企業がどれだけ有効活用しているかを示す指標です。英語でReturn on Assetsと表し、略してROAと言います。

企業の株式資本と借金を合わせた総資産に対して、何パーセントの利益を稼いでいるか、収益をあげるためにどれほど有効活用をしているのかを図る財務指標のひとつです。企業経営には資金調達が必須です。株式を発行したり、金融機関から借り入れをして調達し、資産(設備や原材料など)を買い、その資産を活用して利益を上げます。総資産利益率はその資産の活用状態を見極める指標になるのです。当期純利益を総資産で割って、算出します。特に製造業など固定資産の多い業種の分析に適していると言われています。

一般的に、総資産利益率が高いと少ない資産を十分に活用して多くの利益を上げている企業と判断されます。反対に総資産利益率が低いということは、効率よく資産が使われていないので企業の成長速度も遅くなる可能性があり、結果的に株価に影響が出てきます。

株主資本に対してだけ何パーセント稼いでいるかを見る自己資本利益率(ROE)と一緒に使われることの多い指標です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading