従業員退職所得保証法

従業員退職所得保証法
1974年に制定された米国の企業年金法のことです。英語で、「Employee Retirement Income security Act」と言うことから、頭文字をとって「エリサ法」とも呼ばれます。

従業員退職所得保証法は、それまでに自由に運営されていた企業年金に対し、加入資格および義務、受給資格の規定、基金積立、再保険受託者に対する注意や忠誠義務の賦課などについての基準や制約を厳格に規定することによって、年金受給者の保護することをねらった法律です。年金受給権はどんな理由があっても保護される、という観点から制定されています。

日本の「賃金の支払の確保などに関する法律」における退職手当保全措置条項は、この法律を参考にしています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading