買入消却

買入消却
企業や国などの証券発行者が、自らが過去に発行した証券を買い入れて消却すること。英語ではRetirement by Purchaseと言います。「買入償還」と同じ意味です。

買入消却すると、市場に流通する債券や株の総量が減るため、需要と供給が大幅に減ります。債券で買入消却する場合は、償還期日に全額返済する経済的負担を回避するための方法として使われます。

株の場合は、減資の方法のひとつです。1株あたりの純利益、1株あたりの純資産が増えて投資価値が高まるため、市場価格をあげることにつながります。

たとえば、株価が低迷している企業が発行する転換社債型の新株予約付社債の場合、市場価格が発行価格を大きく下回っていることが多いため、買入消却すれば返済額が少なくて済む上、発行価格と買入価格の差を利益として計上できます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading