預金準備率操作

預金準備率操作
銀行から預かっている預金準備金の割合を変更することで、世の中に出回るお金を調整することです。

預金準備率操作とは日本銀行が行う金融政策のひとつで、民間銀行が日銀に預けているお金の割合を操作して、市中に出回るお金の量を調整する政策のことです。マネーサプライ(通貨供給量)を調節する方法であり、預金準備率操作の引き上げを行えば銀行に預ける資金が増えるため、金融機関の資金コストが上がると同時に貸出資金量が減少し、引き下げを行えば無利子で預けられていた資金が放出されるため、貸出金利が低くなり貸出資金量が増加することになります。

預金準備率操作には、銀行が受入れた預金に対する引出し要求に備える目的もあるため、貸出過剰を避けるため利子は付けられていません。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading