相対力指数

相対力指数
一定期間の価格変動の幅から相場のリズムを読み取る指標です。英語ではRelative Strength Indexと表し、略してRSIと言います。

売られすぎ、買われすぎという相場の過熱度合いをはかる指標で、ボックス相場に入り逆張りをする際などに使われます。過去の一定期間の上げ幅の合計を、同期間の上げ幅と下げ幅の合計で割り100倍して算出します。一般的に指数が30以下なら「売られすぎ」で下げ相場からの反発、70以上なら「買われすぎ」で下落の可能性を示すと言われています。

新しくポジションを持つ際などは、相場が相対的に売られすぎなのか、買われすぎなのか事前の目安を知る手段として有効です。ただし、長期間の上昇トレンド、下降トレンドという展開では、売られすぎ・買われすぎの状態が長く続くので、相対力指数だけで判断をするのは危険ですので注意が必要です。

米国のテクニカルアナリスト、J・W・ワイルダーによって開発されたテクニカル分析指標で、ストキャスティクスなどと同様なオシレータ系の手法として人気があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading