リレーションシップバンキング

リレーションシップバンキング
金融機関が融資先との長期的あるいは多面的な取引関係を築いて豊富な顧客情報を蓄積し、他の金融機関では提供できない質のよい金融サービス提供するようなビジネスモデルを指します。

リレーションシップバンキングとは「地域密着型金融」とも呼ばれ、2002年10月の金融再生プラグラムにおいて、特に中小企業や地域金融機関を重点的に検討の必要性が盛り込まれました。特に中小企業向け貸出にリレーションシップバンキングが重要視されるのは、経営規模が小さいほど会社の経営者が自社のビジネスモデルや経営状況を、金融機関に対して十分に説明する機会や体制が不十分であることが多いためです。具体的な取り組みとしては、地域企業の創業や新規事業支援機能などの強化、早期事業再生に向けたシステムづくり、取引先企業の経営相談などの強化などを挙げ、地域密着型金融の推進と発展を目指しています。

ひと昔前の金融機関では会社や経営者との対話のすれ違いをカバーするため、「ヒューマン?リレーションシップ?モデル」という取引手法を行っていました。金融機関の担当者が取引先企業の経営者との公私にわたる付き合いを通じて、経営者の経営理念や性格、個人資産などを把握した上で、理解と信頼に基づいた貸出取引を可能としていました。しかし、多くの金融機関はバブル経済における不動産担保依存の貸出の反省から、バブル崩壊後はリスク管理の強化と高度化を推し進めました。信用リスク格付けを中核とするリスク管理型モデルは、貸出における信用リスクを定量化し管理?制御するという意味で広く浸透した反面、リレーションシップバンキングの実践を困難にした側面もあります。リレーションシップバンキングを行う金融機関は、財務指標価値とは異なる、実体的な企業評価を再構築し多種多様な対応が求められています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading