買入償還

買入償還
償還を迎える前に債券の発行者が所有者に発行額の全額、あるいは一部を返却すること。英語ではRetirement by Purchaseと言います。「買入消却」と同じ意味です。

発行者は、自ら発行した債券を市場から調達するか、債券所有者から直接買い入れ、消滅・失効させます。買入償還は、償還日に債券の全額を返済する経済的な負担を減らすために取られる方法です。発行価格より市場価格が低い時、発行者に金銭面で余裕がある場合に行うことがあります。社債の場合、買入償還をすると貸借対照表上では、現金や現金等価物(資産の部)が減りますが、社債(負債の部)も減ることになります。

発行者が買入償還を行う場合でも、債券の所有者がそれに応じるか否かは、所有者の自由なので発行者に強制力はありません。発行者は基本的に市場価格で買い取るため、市場価格が発行価格より安い場合は、有利に債務を減らすことができる一方、市場価格が発行価格より高い場合は、不利になります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading