ラチェット死亡保障

ラチェット死亡保障
変額年金保険の一種で、運用実績によって死亡給付額の最低保障額を見直す機能がついた保険です。

変額年金保険とは、将来受け取れる年金額がそれまでの運用実績によって決まるタイプのものです。ラチェット死亡保障よは、毎年決められた日の運用実績に応じて最低保障される死亡給付金額が増えていく仕組みになっています。1度上がった最低保障額は、その後の運用が悪化しても下がらないことから「ラチェット」と呼ばれ、人気が高い理由にもなっています。

契約時のラチェット死亡保障は一時払保険料と同額ですが、その後、毎年の契約応当日に、その日の積立金額とそれまでのラチェット死亡保障額とを比較して、額が大きい方を新たなラチェット死亡保障額と決めてその日から適用されることになります。また、ラチェット死亡保障は基本給付金額の2倍を上限と定め、年単位の契約応当日において積立金額が基本給付金額の2倍を超える場合は、ラチェット死亡保障額を基本給付金額の2倍の額としています。被保険者が80歳で迎える契約応当日の後は、ラチェット死亡保障の見直しは行われず、80歳で迎えた契約応当日のラチェット死亡保障額が適用されることになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading